ゲルマニウムラジオ体験のお話。

DSC_2627

昨日、今日とキッズマイチャレンジフェスタのサッポロオープンラボ出張ブースにご来場いただいた方々改めてありがとうございました。

今回、取り組んでいただいたゲルマニウムラジオ作り、90分と短い時間で1から半田ごてやニッパーを使ってラジオを作ってもらいました。使った部品のメインとなるのは、ゲルマニウムダイオード、バリアブルコンデンサ(通称バリコン)、コイルの3つです。これらの部品はそれぞれラジオの電波をアンテナで受け取ってイヤホンから流れる音にするのに必要な部品ですが、1つ1つの役割はどんな者でしょうか?1つ1つをじっくり勉強すると奥が深いので、とても90分では説明が難しいのですが、今回の体験をきっかけに部品それぞれの役割を調べてみてはどうでしょうか?

私も、今日家に帰ってきて改めてラジオの部品一つ一つについておさらいしてみました。インターネットは便利な物で、「ゲルマニウムラジオ 仕組み」だったり、「バリコン 役割」など、色々なキーワードで調べるとたくさん情報を知ることができます。(中には間違った情報もあるので、色々見比べてみることも大事です)

その中で見つけた、下記のサイト(ムラタセイサク君で有名ですね)は電子部品の説明がイラストやアニメーションでわかりやすかったので、一つの参考にしてみてください。

コンデンサとは – 村田製作所
http://www.murata.co.jp/elekids/ele/compo/capacitor/

電子部品って何だろう? – 村田製作所
http://www.murata.co.jp/elekids/ele/compo/index.html

色々調べてみながら、今日作ったラジオのアンテナを長くしてみたり、自分だけのケースを作って入れてみたり、はたまた部品を変えてみたりと、考えついたアイデアの分だけラジオ体験は終わりませんので今日の体験をきっかけにこれからも楽しんで見て下さい。

ラジオ体験のお話でした。

※写真は私が合間で作ったゲルマニウムラジオです。上手な回路の組み方や、半田付けのテクニックが上手になるとラジオもこんなに小さくなります(上手な人はもっともっとすごい!)。



Return to Top